2019年4月に紀尾井ホールにて開催された、河村尚子 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタプロジェクトVol.3”/河村尚子の「ハンマークラヴィーア」”にてベーゼンドルファー280VCが使用されました。オール・ベートーヴェンプログラムで披露された河村さんの鋭くも深みのある、ときに繊細な音色が聴衆の心を捉えました。満員の聴衆からの拍手はいつまでも鳴り止まず、アンコールでは本編から印象的なフレーズを再度披露。会場は熱気と豊かな余韻に包まれました。

最新リリースCD「BEETHOVEN PIANO SONATAS VOL.1 悲愴&月光」(ソニー・ミュージックレーベルズ,2018年)をベーゼンドルファー280VCで全曲レコーディングされた河村さん。ベーゼンドルファー280VCへの温かいメッセージをいただきました。



 

Default Alt-Tag

「ベーゼンドルファー280VCは、弾き手の要望を素直に表現してくれるという安心感を与えてくれるピアノです。ふくよかに響く低音域は伝統のままに、高音域までのそれぞれの声部のキャラクターが、より上品にダイナミックに透明感を保ちながら立ち上がります。

開発を手がけられた技術者の方々の探求心、好奇心、実験する勇気に、心からの敬意を表します。おめでとうございます!

Default Alt-Tag