2018年11月11日(日)


東京オペラシティ コンサートホールで行われた「フジコ・ヘミング ピアノソロコンサート2018」でベーゼンドルファーModel280VCが使用されました。
チケットは即完売、大満員の会場の中フジコ・ヘミングさんの情感溢れる鮮やかな音色が響き渡りました。「左脚を痛めた」とコンサート中にも明かした彼女ですが、演奏はいつにも増してパワフルで、スカルラッティ、ショパン、モーツァルトと聴き手を虜にする大らかな演奏。ベーゼンドルファーらしいあたたかな音色を生かしながら、『月の光』『雨の庭』そして『ラ・カンパネラ』など、280VCの華やかさを存分に響かせました。聴き手の心に深く入り込む魂の演奏に、誰もが酔いしれました。