セセッシオン / Secession


ベーゼンドルファー・建築シリーズ

芸術の新しい風と伝統との融合


1897年頃のウィーンでは、一部の芸術家たちが“キュンストラーハウス”
とよばれる伝統的な芸術家団体の保守的なスタイルに激しく反発しました。
彼らは「今こそもっと芸術界に新しい風を吹かせるべきだ」と主張し、
“ヴェール・サクルム(聖なる春)”のスローガンを掲げて伝統的なウィーンの“キュンストラーハウス”から分離しました。かの有名なグスタフ・クリムトを筆頭に、コロマン・モーザー、ヨーゼフ・ホフマン、ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒなどの多くの著名アーティストがその運動に参加しました。ウィーンのアールヌーヴォーとも呼ばれる“分離派様式”は、まさに彼らが創り出したものです。

芸術家グループの分離によって、彼らが生み出す新しい作風の芸術作品を展示するための場が必要となりました。そこでオットー・ワーグナーやグスタフ・クリムトに感化されたヨーゼフ・マリア・オルブリッヒが分離派会館(セセッシオン館)を設計しました。

それはまさに芸術の神殿であり、ウィーンのアールヌーヴォーを代表する建築物の一つです。特に印象的なのは、分離派運動のモットーである“聖なる春”を、円形天井いっぱいに表現した点です。月桂樹の葉をかたどった張り出し屋根は見る人を圧倒します。ひと際目を引く分離派会館のシンボルである、直径約9メートルの半円ドーム(通称「金のキャベツ」)は全体が美しく金箔で覆われ、まばゆい輝きを放っています。

ベーゼンドルファーのセセッシオン・モデルは、ウィーンの芸術史に欠かせないこの歴史的背景に敬意を表して製作されました。ピアノのデザインには分離派会館の円形天井を彩る月桂樹の葉をはじめ、会館の様々な特徴的デザインをピアノの隅々に散りばめました。

大屋根の内側には、23金で金色に施された輝く葉が表現され、フレームにもまた美しい金塗装が施されています。ピアノのボディの内側とピンブロックは、セセッシオンのシンボルである半円ドームの月桂樹の葉を思わせる繊細なグリーンで彩られています。

譜面台には“Ver Sacrum”(“ヴェール・サクルム-聖なる春”)の文字を一つずつ丁寧に彫り込み、
最高級の23金塗料で仕上げました。
そして大屋根やペダル箱もまた職人の手作業により
美しく金色に縁取られています。

セセッシオン・モデルは煌びやかな音色が特徴のモデル214VCを採用し、色彩豊かな音色そして幅広く自由な響きが魅力です。この見た目にも美しく、まるでウィーンの街へ誘われるかのような特別なコレクターズ・アイテムは弾き手だけでなく、聴衆・観衆をも虜にするでしょう。

このピアノはまさに分離派を創り上げた芸術家たちの創造力と情熱を受け継いでいます。“芸術の新しい風と伝統との融合“-新しい芸術を追い求めながらも調和のとれた芸術作品を生み出すこと、そしてベートーヴェンの交響曲第9番に込められた革新的な思想、
永遠の正当性を持った時代精神―が表されたといえるでしょう。

全世界でわずか21台しか製作されないこのセセッシオン・モデルは、ウィーンの芸術と伝統、ベーゼンドルファーの熟練の職人達の技術が融合した、まさに最高の芸術作品です。

214 cm
151 cm
102 cm
214 cm

214VC

Icon
共鳴箱の原理
詳細
ピアノの原理は、響板だけが音の生成に関わっているわけではないという点から、バイオリンのボディと非常によく似ています。ケースの芯は、内側の形状に沿って曲がるよう、ベーゼンドルファーの職人が独自の手法で溝を掘った、厚さ10ミリの柾目材でできています。これはベーゼンドルファー独自の方式です。キーを押すと、組み合わせたスプルース材の集合体に音響が伝わり、ピアノ全体が一つの共鳴箱になって、ピアニストの演奏に応えます。ベーゼンドルファーの際立って豊かな音色、輝きを放つサウンドはこうして作られます。このような複雑な構造は、ウィーンの伝統的な工法の一面を表しています。
Icon
繊細なピアニッシモから力強いフォルテッシモまで
詳細
ベーゼンドルファー・グランドは、最高レベルのコントロール能力を持っています。アーティストと技術者が共同で開発したベーゼンドルファーのアクションは、独自の仕様に基づいて製作されています。このアクションが、精緻な演奏から生まれる、素晴らしいアーティキュレイションを伝える役割を果たします。演奏をコントロールする力です。
Icon
独自の低音弦
詳細
低音弦はすべて、ベーゼンドルファー独自の方法で巻き上げています。鋼弦を芯にして、1層あるいは2層の銅線を巻き付けています。慎重に巻き上げた弦は、豊かな響きとぬくもりあるベーゼンドルファーピアノならではの低音を生み出す大切な要素です。
Icon
独立したカポダストロ
詳細
ベーゼンドルファーはピアノメーカーで唯一、着脱式の独立したカポダストロを高音部に採用しています。これによって、最も正確な高音部の調音が可能になり、ベーゼンドルファー本来のサウンドを代々伝えることができるのです。世代を超えてベーゼンドルファーの個性溢れる音を保つことができます。
Icon
昔ながらの砂型鋳造
詳細
ベーゼンドルファーでは、砂を使用する伝統的な手法でフレームの鋳造を行っています。フレーム材はオーストリアで製造され、工場の屋外で6か月間休ませます。弦には20トンの張力がかかりますが、休ませることにより、鋳造過程で生じる歪みを解消し、弦の過大な張力に耐えることができるようになります。安定性がより一層高まります。
Icon
オープン型ピンブロック
詳細
極めて安定した音-ベーゼンドルファーのオープン型ピンブロックは厚さ7ミリの柾目メープル材を3枚、それぞれ木目が交互になるように貼り合わせています。これをベースとなる赤ブナ材の基盤に固定すれば、弦を結び付けるピンを確実に保持する土台ができあがります。最上面は厚さ1・5ミリのウォルナット化粧板で仕上げます。ベーゼンドルファーのオープン型ピンブロックは、文字通り音の基礎となるパーツです。
Icon
1本ずつ弦を張る
詳細
弦は職人が一本ずつ結び目を作り、ピンブロックに張ります。それによって、時間と共に調律が安定し、何よりも調整しやすくなります。
Icon
自然の手に委ねる
詳細
ベーゼンドルファー・グランドの基本となるのは、自然乾燥を行い、楽器に適した木材であることが確認されたスプルース材です。一年を通して、太陽や風、厳しい気温の差に晒すことで、ゆっくりと、最終目標である共鳴する木材に変化して行きます。ベーゼンドルファーでは、楽器に適したスプルース材をどのメーカーよりも多く、80%以上使用しています。製作期間に自然乾燥の過程も含めれば、ベーゼンドルファー・グランドがお客様のお手元に届くまでに6年を要することになります。ベーゼンドルファー独自のサウンドを生み出すための、長いけれど大切な時間です。
Icon
一台ずつ異なる仕上げ
詳細
当社は年間300台という、少量生産体制を取っているからこそ、お客様それぞれのご要望にお応えすることができます。高級な木地仕上げから、お好みの色、あるいはお客様ご自身のデザインで、熟練のクラフツマンが丁寧に彫刻を施したエンブレムまで、どんなことでもご希望に沿うことができます。ピアノの製作にかかる前に、ベーゼンドルファーの職人が色見本を用意し、お客様のデザインを伺いながら、共同で作業を進めます。お客様の確認を頂いてから、お客様ご自身のように、個性豊かな一台だけのピアノが製作されることになります。
Icon
オーストリア製
詳細
ベーゼンドルファー・グランドは投資対象としてだけでなく、世代を超えて受け継がれる、価値ある逸品です。練達の技を持つ当社のクラフツマンが、あのベーゼンドルファーの個性溢れる音色、ダイナミクスそして表現力を備えたサウンドに秘められた美を巧みに表現します。何世代もの手を経て完成した技の頂点。ベーゼンドルファーのクラフツマンが1年がかりで製作に当たります。ピアノに指を触れた瞬間、職人の個性を感じていただけるでしょう。
Icon
ヴィエナ・コンサート(Vienna Concert)
詳細
新シリーズのヴィエナ・コンサートは、煌く音色、エネルギッシュなダイナミクスと、独自のアクションメカニズムを持った、次世代のサウンドを紡ぎだすピアノです。
Icon
グランドピアノ
詳細
1828年以来2世紀近くに亘り、ハンドメイドの伝統、美、ウィーンの魂にいささかも妥協しないオーストリア製ピアノとして製作してきました。ベーゼンドルファー・グランドに何か制限があるとすれば、それは周囲の環境です。私たちがすべての点を管理しています。キーからキーへ、実際には見えず、聴こえなくても、演奏される音楽の微妙なニュアンスを伝えてくれることでしょう。
Icon
コレクターズアイテム
詳細
価値ある銘木を称える:息を飲む美しさとマスタークラフツマンの技が一体となったベーゼンドルファー・コレクターズモデルは、個性的なデザインとサウンドを持つ、完成度の高い、目で味わうピアノです。
Icon
ディスクラビア・エディションモデル
詳細
巨匠によるピアノの名曲を、指一本動かさずにお楽しみいただけます。ピアニストにも休息を。ベーゼンドルファー・ディスクラビア・エディションモデルは、どんな演奏も驚くほど正確無比、忠実に再生します。ラフマニノフ本人の演奏を聴く、アルトゥール・ルービンシュタインの神秘的な解釈に思いを巡らせる、あるいはオスカー・ピーターソンの作品でグルーブを味わう-ベーゼンドルファーのディスクラビアモデルは、様々なスタイル、ジャンルから1、000曲を超えるライブラリーを用意しています。中心となるのは、ヤマハが開発した、先進のディスクラビア・エンスパイア自動演奏技術です。ピアニストの皆様なら、ライブラリーを楽しむだけでなく、ご自身の演奏を簡単に録音し、再生することができます。
Icon
サイレントモデル
詳細
ベーゼンドルファーのサイレントモデルなら、あの奇跡的なサウンドを夜でもお楽しみいただけます。ベーゼンドルファー・グランドの機構、音響特性にまったく影響を及ぼさない、ヤマハ独自の最先端技術であるサイレントSHシステムを内蔵しています。アコースティックのインスピレーションとデジタルの特質-二つの世界で煌びやかな音を響かせます。
previous piano
ウーマン イン ゴールド / Woman in Gold